ご挨拶・理念

「ALTER(オルタ)」

我々の目的は単純。
義務教育以外の選択肢を提供すること。

私が15歳に高校を辞めたときよりかは改善していますが、地方では義務教育に行けなくなった人たちを受け入れてくれる場所は限られています。

教育という国家成立の根幹となる「教育の箱=義務教育」の中でいじめによる自殺や不登校からの引きこもりが発生していることは「社会的課題」としてはトップクラスに解決されるべき問題です。

人間の多様性を前提とすれば、年齢が一緒という事実だけに着目して1学年にくじ引きで30人程度を押し込め同一の教育を施し点数をつけることは、多様性とは真っ向から反しています。
しかもその子供たちの身体拘束時間は朝から夕方までですから、本当は広い世界の中で、そこだけが彼らの「狭い世界」となることは必然と言えます。

世界から嫌われた人間は生きてはいけない。
この広い世界で、世界全体から嫌われるような人間はいません。
しかし、彼らの「狭い世界」では世界全体から嫌われることはあり得るのです。

私たちは、早急に「教育の箱」以外の選択肢としてオルタナティブな学びのプラットフォームを指数関数的に増加させる必要があります。

そのために必要な課題を、スペシャリティ(専門的知識)の共有して、ビジネスとして成立させることにより、飛び越えられると信じています。

みんながもつ「知識」を「実践」に落とすプラットフォームとしてこのALTERは在ります。

義務教育以外の選択肢を提供するために。
ALTERは在ります。