ALTER トップ

ALTER
オルタ

「学校」では教えてくれないの「現実学習」という本当の学び

 

NEXT EVENT!!

以下の公式LINEからチェック!
ALTERイベント告知公式LINE

https://lin.ee/3iHiHKZma

活動理念

我々の活動理念は、
こども/保護者の方に「学校」
では教えてくれない、知識と現実をリンクさせる「現実学習」を提供することです

「学校」で行われている、従来の、知識を詰め込む「偏差値教育」では、今の急速な変化の時代に対応することはできません。
必要なのは、自分で考え、学んだ 抽象的な知識 と 具体的な現実を「リンク」させる
「現実学習」です。

保護者の方が、こどもの学びに不安を感じる現代

だからこそ、「学校」という場所以外での学びの多様化が必要です。

「学校」以外でこどもの学びを広げてみませんか?


「現実学習」とは・・・
こどもが、各分野の専門家のサポートの下、現実の社会の中で一人の人間として活動・学習するスタイル


幼少期に必須の「現実社会」の体験の提供

ー幼少期に現実の社会を体験することで、「勉強」が実際に使えるー

ALTERのメンバーは全員、現実社会で専門性を持った働き方をしています。
小さい頃から、法律、投資、テクノロジー等の専門家と交流したり、そのサポートのもと自分でモノを作って売る / 仮想社会を構築することは、大人になる前に現実社会を経験・意識できる 大きなアドバンテージです。

積極的に失敗するための学び場

ー幼少期だからこそ、積極的に失敗を何度も繰り返させ、深い思考力を鍛えるー

現実では、人は必ず失敗を経験します。しかし、失敗したときこそ、物事を深く考えるチャンスです。
なぜ失敗したのかを考えるとき、扱う教科は横断的になります。

例えば物を売る場合、
広告の文章が魅力的であったか(国語・心理学)、市場の特徴を数値化・グラフ化できていれば良かったのではないか(算数)、気候・地理的要素や歴史的な背景が購買欲と関係していたのではないか(社会)

ALTERのプログラムは、挑戦を促し、失敗の原因を分析的に捉え直す作業を繰り返すことで、こどもたちの深い思考を促進します。

学校の「狭い世界」を離れるための学び場

ー現実の広い世界を感じるー

普通の学校生活では、一日のほとんどを、年齢が同じメンバーと過ごします。
それは非常に「狭い世界」です。
現実の広い世界を知らない、彼らの「狭い世界」では、世界全体から嫌われることはあり得ます。それゆえに、こどもの世界ではクラスカースト・イジメ・自殺など、学ぶどころではない学習環境に陥りやすいのです。

ALTERに関わるメンバーは、現実世界と同様に、年齢やバックグランドは様々です。共同してプロジェクトを進めるには、その「視える当然の違い」、つまり他者を尊重しなければなりません。
ALTERのプロジェクトに参加することで、「狭い世界」から離れて現実の広い世界を体験してもらいます。

活動内容のご紹介

私達は、京都の市内を中心に、定期的に以下のようなイベントを主催しています。

【こども起業家プロジェクト】

こどもたちがプロジェクトで作る製品・サービスを、本当の経済市場の中で売ることを目的とします。
子供自身が、論理的なストーリーにもとづいて説得的にプレゼンして実際に販売できるように、オトナのメンバーが機会の提供や知識の提供などでサポートします。
自分の信じるアイデアを、ストーリー沿ってプレゼンテーションし、実現させ販売するという体験を通して、授業では身につけられない真に自立的な精神を養うことができます。

【こどもの国プロジェクト】こどもだけで「国」をつくる遊びのプログラムです。
こどもが政治/立法/司法/経済/政策を経営する仮想「自治区」を作ります。
自分たちが小さな「国」を運営していく過程で、具体的な問題を「経験」して、それを解決するにはどうしたらいいのか、抽象的な知識を用いて処理する「経験」をすることで、現実世界で通用する「センス」を磨く絶好の機会となります。

【こども専門化プロジェクト】

各分野の専門家のファシリテートのもと、ゲーム形式で色々な専門性を「現実社会で使えるモノ」として学んでいきます。
・法律プログラムー権利とは何か、訴訟 とは何か
・エンジニアリングプログラムITとは何か、IOTとは何か
・投資・資産形成プログラム ーお金とは何か、資産・負債とは何か
・実際社会倫理プログラム ー現実社会における正義と正義の対立
など

参加の方法

ALTERでは各種イベント・プロジェクトへの参加応募をPeatix等にて受付けております。
下記ロゴから当団体のイベント・プロジェクトにお気軽にお申し込みください。
なお、Follow us!のページの各種SNSをフォローして頂くことでも当団体の告知を受け取ることができます。

個別お問い合わせについてはこちらのお問合せフォームからお問い合わせ下さい。